トップページ 豆 知 識 プロフィール 写 真 集 紀 行 文 今月の1枚 写 真 展 ポー豆日記 ポー君劇場 フラメンコ リ ン ク 更新記録 サイトマップ

いらっしゃいませ。少しだけ自己紹介  『愛しのポルトガル写真集』  はるか君のプレゼントバナーです
Portugal Photo Gallery Profile --- Keiko Yamanouchi

★ 山之内けい子のポルトガル写真が掲載されたパンフレットです ★

ポルトガルを紹介する子供向けのパンフレットです。
ポルトガル大使館文化部が2012年2月に制作いたしました。
ポルトガル大使館文化部より要請を受けて、画像は山之内けい子が提供いたしました。
使用されている画像のうち、30枚ほど山之内けい子の作品です。

≪パンフレット紹介≫
ポルトガル大使館制作のパンフレットです。
表紙から、順番にスキャンしました。
画像をクリックすると、大きな画像になります。

ポルトガル大使館パンフ1
ポルトガル大使館パンフ1
ポルトガル大使館パンフ2
ポルトガル大使館パンフ2
ポルトガル大使館パンフ3
ポルトガル大使館パンフ3
ポルトガル大使館パンフ4
ポルトガル大使館パンフ4
ポルトガル大使館パンフ5
ポルトガル大使館パンフ5
ポルトガル大使館パンフ6
ポルトガル大使館パンフ6
ポルトガル大使館パンフ7
ポルトガル大使館パンフ7
ポルトガル大使館パンフ8
ポルトガル大使館パンフ8
ポルトガル大使館パンフ9
ポルトガル大使館パンフ9
ポルトガル大使館パンフ10
ポルトガル大使館パンフ10
ポルトガル大使館パンフ11
ポルトガル大使館パンフ11
ポルトガル大使館パンフ12
ポルトガル大使館パンフ12

≪パンフレット紹介≫

発 刊 日  2012年2月
企 画 ・ 発 刊  Insituto Camoes ポルトガル大使館文化部
 (東京都千代田区麹町3−10−3 神浦麹町ビル4階)
デ ザ イ ン  g−design
写   真  山之内けい子 「愛しのポルトガル写真集」

★ なぜ? ポルトガルなのか? ★

なぜポルトガルなの? ポルトガルのどこにひかれたんだろうか?

『愛しのポルトガル』をテーマに追い求めて、写真展開催も26回になります。
ヨーロッパ大陸の最果ての国、ポルトガル共和国を歩き回り、18年になります。
日本の北海道ほどの小さな国ですが、15世紀に始まる大航海時代には、
世界に躍動して世界史にも歴史的な足跡を残した国です。
種子島の鉄砲伝来やキリスト教布教でも知られるように。
その時代の雰囲気が手つかずで残っている世界遺産的な国です。
どこの町に行っても村に行っても、歩道も車道も石畳。
それに写真を撮るときにうるさい電柱もなく、青空が映える国です。
体格も日本人的で親しみやすく、とても親切。
子供たちの素朴な笑顔、はじけるような笑顔がうれしいです。
お年寄りたちの年輪のようなシワ1本1本が人生を語るようです。
言葉はポルトガル語ですが、しゃべれない私でもバスに乗り、列車に乗り、
宿を探し値切って泊まることだってできるんです。
温かい人々にもっともっと出会いたいです。
これからも『愛しのポルトガル』をテーマに歩き続け、取材を重ね、
どんどん、発表していきたいと考えています。
☆応援をよろしくお願いします☆

☆『愛しのポルトガル写真集』の本コーナー☆(メールで購入できます)

写真集の表紙

ポルトからリスボンまで15日間の取材旅行記録

ポー君の旅日記と撮影取材珍道中
ポルトガル写真が、60点掲載

メールくださいね  ← 件名に「写真集希望」と記入願います。

必ず、返事は出します。
3日たっても返事がない時は届いてない場合があります。
再度、送信していただいてもダメな場合、
文字掲示板(トップページ)でお知らせください。
他のメルアドをお知らせいたします。
お手数ですが、よろしくお願いします。

トップページ 豆 知 識 プロフィール 写 真 集 紀 行 文 今月の1枚 写 真 展 ポー豆日記 ポー君劇場 フラメンコ リ ン ク 更新記録 サイトマップ
Copyright (C) Amar Portugal.com. All Rights Reserved.